気ままコラム





2010年9月24日 22:41


山手の丘音コン千葉予選

山手の丘音楽コンクール・・・千葉予選の審査に行ってきました。自分は、この会場の運営、準備にもあたってきました。たまたま地元と言うこともありますが、やはり思い入れがあります。横浜予選に次ぐ規模での開催となりましたが、今日は生憎の雨。それも結構強い雨脚で。私が主宰する教室からの出場者や、同門の後輩など、縁ある方が出場。本人と同様、私も緊張しました。地元の先生方が、多くの生徒さんを出場させてくださりして、中々良い雰囲気での予選会となりました。いくつかのアクシデントは有ったものの、ナンとか終えることが出来、充実の思いで終えることが出来ました。




2010年9月19日 02:22


山手の丘音コン横浜予選

山手の丘音楽コンクール・・・8/29(日)名古屋から始まり、全国7会場で予選を行っています。応募総数は750名を超えると言うもの。凄い激戦です。今日は最大受験者数の横浜予選。声楽だけでも100名を超える予選会です。フェリス女学院大学の山手校舎、緑園校舎の2会場に分けての開催となりました。私は緑園校舎グリーンホールにて審査にあたりました。和やかさと緊張が入り混じり、受けられる方皆さんの素晴らしい歌唱を聴きました。特に私の知るOGの面々・・・見事なまでの成長の姿を見ました。続ける事の意味、その時間の重みを感じました。本当に感動です。在校生組も素晴らしかった・・・一般の方のレベルには中々及ばないかもしれないけれど、今後に繋がる貴重な経験を積めたのでは、と思います。残す予選会は、千葉と福岡のみ。予選会も佳境です。




2010年9月10日 22:17


合宿 in 河口湖。

 6月「二期会Week in サントリーホール」にてご一緒させて頂いた福成さんからの要請で、帝京大学コール・ソサエティさんの合宿にヴォイトレで行ってきました。

 密かに遅ればせながらの夏休み気分&旅気分。(仕事だろっ!!)遠足の朝、ワクワクで早起きしてしまうように目が覚め、余裕を持って家を出れました。新宿から「あずさ3号」に乗車。2号じゃないところが残念です。(分かる人にしかわからないネタですね...苦笑。)弁当&温かいお茶も買って、車中での朝食。車窓を眺めれば、中央線の駅がどんどん過ぎて行く...今更ながら特急ってスゴイ。ちょうど通勤時...どの駅のホームにも人が溢れてる。立川や八王子あたりで、ちょうど弁当を食していたので、どうもホームからの視線が気になりました。あっという間に大月に到着。そこから富士急で河口湖に向かうのだが、ん?...更に55分以上もかかる事を知り、驚いた。山と段々の田畑だらけの景色を眺めながら揺られ、ようやく河口湖へ到着。学生さんの送迎で合宿所へ。

 既に午前最初の練習は始まり、ちょうど全体での福成さんの指導。なるほど、なるほど...的確なアドヴァイス&引き出し方が上手だなぁ...もう旅気分など吹き飛んで、自ずと仕事モードで集中、耳が傾きました。学生の皆さんも、良い反応。それからアマチュア合唱団などにとかく有りがちなフワフワ支えの無いような声でなくて、明瞭で割としっかりした声。こういう声、好きですねぇ。福成さんは、自分と入れ替わりで都内帰還なので、色々打合せなどをさせて頂きました。実は、指揮の田中先生が台風の影響を懸念して、前日の晩に都内にお帰りになられていて、そうなると、指導者は自分だけ?!?!...こ、こ、これは責任重大。保護者になった気分です。(笑)...とは言え、伝統的に続いている大学の合宿...皆さん、テキパキと練習をこなしていきます。自分のメインの仕事は男声の個人ヴォイトレ。皆、一対一と言うのは緊張するようで、最初は硬さが有りました。けれど、誰もが問題の有り過ぎるような声は無く、絶対伸ばしていける声だ、と確信しました。身体を開放し、自由な声を求める事をすれば、一様に良い声が出てくる...歌ってる本人も「何か」を感じてくれたようで、眼の色や表情が変わり、急激に伸びやかに歌えてきました。これが、持続出来るとイイなぁ...切に願うのでした。それにしても...練習、練習、ひたすら練習...の合宿。それも丸々一週間ぶっ続け...驚き&感服。練習以外は、食事または風呂、睡眠、と言う感じ。

 次の朝、「合宿のしおり」を見ると...ん?「散歩&体操」の項目が。まぁ、早起きは苦にならないので、時間通りに玄関に行くと、「せ、先生も行くんですか?!」と。...えー、だってしおりに書いてあるじゃん??(福成さんや田中先生は行かなかったのかな?)取り合えず、河口湖畔まで、一緒に散歩。湖畔の広場に着くと、皆は体操。そこから自分は別行動で、湖畔を散策...静けさと澄んだ空気が心地イイです。ノンビリ、合宿所に戻っていると背後から「タッタッタッタ...」と足音...おおおーっ、団員が、自分を追い抜いて走り抜けて行くではないですか...思わず釣られて走り出す勢いでした。(笑)もし、次回機会があれば、バトルしようと思います。日ごろのジョギングの成果を...。(なんじゃそりゃ)

 そして最後の全体練習。個人ヴォイトレは男声しか見ることが出来ませんでしたが、皆がその成果を充分に発揮してトライしていたように思えました。嬉しい限り。なんと言っても、母音それぞれの響きに統一性が見えてきました。男声が安定すると、女声もそこに安心して乗ることが出来るし、きっとラクに安定した発声が出来るはず。今後、どんどん成長していく予感を得て、取り合えず、今回のジョブは終了。

 帰り道、山梨観光を!!...と、思っていたのですが、思いの外、疲労が有り、たまたま乗った電車も、高尾まで直通だったので、そのまま、あっさり都内まで戻って来てしまいました。(苦笑)

 

 



バックナンバー

坂本貴輝 teruccio