気ままコラム





2011年9月12日 22:32


オータムコンサート in Salonfelice。

昨日は、9月11日...
東日本大震災から6ヶ月、そしてアメリカ同時多発テロから丸10年...節目の日でした。

そんな日に、Salonfeliceさんでのオータムコンサートに出演してきました。「~愛と祈りの歌の数々を~」と言うテーマのとおり、気持ちを込めて一生懸命歌わせて頂きました。カトリックで魂が戻る日と言われる「万零節」、杜の都、仙台を歌った「青葉城恋歌」...これらを歌っている時、グッと来てしまいました。共演の瀧田さんも「小さな空」「見上げてごらん夜の星を」の時に、ググッと来てしまったそうです。きっとお客様にも伝わっていたことと思います。会場全体が祈りの気持ちに...空間や時間、思いを共有出来たことが嬉しかったです。

2154.jpg

その気持ちを明るく持っていこうと、前半最後のプログラムは「イタリアソングメドレー」。御馴染みのカンツォーネのメドレーを、宮崎さんの華々しいアレンジの伴奏で、楽しく歌うことが出来ました。やっぱり歌には、元気を導くパワーがあるような気がします!

後半は「ウェストサイドストーリー」「オペラ座の怪人」からのナンバー。今回、何と何とファントムに初挑戦!!

2155.jpg

瀧田さんがわざわざ用意してくださった仮面&マントを着けて歌唱。これが意外と楽しく、もう一度、来月歌うことに!!...ちょっとヤル気満々モードです。(笑)

o0800060011478534601.jpg

Salonfeliceさんのコンサートシリーズでは、色々なジャンルにトライ出来ています。こんな機会をいつもくださる瀧田先輩に感謝です。

 

 

 




2011年9月 9日 23:58


合宿 in 河口湖。

昨年、ヴォイストレーニングの仕事で呼んで頂いた「帝京大学混声合唱部コーラル・ソサエティ」さんの夏合宿に今年も行って来ました。昨年は台風の心配があったけど、今年はイイ天気!!今回は電車ではなく新宿から高速バス・・・乗ってしまえば、中央道が混まない限り、河口湖って近いんですね・・・。7:40に出発して、河口湖駅には9:25・・・運行時刻ピッタリです。そこから部員の方に迎えに来て貰い、合宿所には9時半過ぎには到着。

110908_1242~01.jpg

河口湖畔から臨む「富士山」、やっぱりイイなぁ・・・雄大。湿度が低く、暑さも爽やかな感じです。

・・・って、悠長な気分じゃいけない。スケジュールはギッシリなんです。30分の個人ヴォイトレが、16人・・・合間に、全員の発声練習が3回。メインでヴォイストレーニングをされている、福成さんと少々打合せをし、その福成さんの発声練習を見学、そして10時過ぎから、早速、ヴォイトレ開始!

最初は、1年生中心。何だか皆、緊張の面持ちで、ヴォイトレの部屋に来ます。でも、容赦無くガンガン稽古します。(笑)でも、皆、持ち声はイイみたいで、ちょっと呼吸と身体の使い方をアドヴァイスすると、ポーンッと良い声が出ます。その瞬間、ほぼ全員、眼の色が変わるんえすよね・・・「あ、出た!」みたいな顔をしてる。こんな時に、自分も嬉しかったりします。ただ、これを持続していく・・・となると大変。体感は出来ても、再現となると、やはり訓練の積み重ね、時間を要すんだろうなぁ、と。昨年、既にヴォイトレをやった上級生は、これまた良くなってて、ビックリ。ああ、一年、一生懸命歌ってきたんだな・・・と、感動。

それにしても、合唱の合宿って、こんなにハードなんだな!・・・と。合宿のしおりを見て、去年も驚きましたが、今年も見て驚きやら、感心やら。

110909teikyo.jpg

自由時間は、5日目の夜21:00~のみ・・・スゴ過ぎる・・・これが「若い」ってコトか。(笑)

 

それから、コレ・・・何してるかわかりますか?

110908_2125~01.jpg

なーんと、これは『楽典』のテストをやってるんです!!驚きました!!・・・でも、こうして音楽の基礎知識も叩き込んでるんですね・・・驚き、と言うよりは、感心と言うか感動。

 

・・・何だか、ひたすら、感心やら感動やらの文字ばかりですが、とにかく、自分自身が刺激を受ける行事となりました。そんな「帝京大学混声合唱部コーラル・ソサエティ」さんの定期演奏会は、11/25(金)府中の森芸術劇場ウィーンホールにて19:00開演・・・忙しい時期ですが、何とか応援に駆け付けたいと思っています。

 

それにしても、充実の2日間でした。帰り道、次の仕事まで、やや時間があったので、そのまま渋谷のマッサージに直行。2日間集中のヴォイトレの疲労はやはり中々のものでした。(苦笑)

 

・・・で、明後日は、オータムコンサート・・・気合いだーっ!!

 

 

 



バックナンバー

坂本貴輝 teruccio