気ままコラム





2012年3月25日 23:05


縦譜⇔五線譜の世界。

今日は、来月22(日)に開かれる「潮音会50周年記念演奏会」の、宮城道雄作曲:交声曲「日蓮」の稽古に行って来てました。 昨年、モーツァルト「レクイエム」で、ご一緒した、鈴木優先生、つくば古典音楽合唱団の皆さんと、再び共演します。

 

ところで・・・あの「春の海」の作曲者でもあり、はたまた箏の名演奏家でもあった宮城道雄さんの曲・・・一体どんな曲なんだろう??お引き受けした仕事ですが、これが和楽器のオケとも言える大編成の楽団に、合唱、男声のソロがあると言う、大変な作品。 恥ずかしながら、こう言う曲がある事を知りませんでした。

DSC_0129.jpg

こんな感じで、箏が沢山並びます。 壮観。 当然ながら深~く、厚みのある音が広がります。

 

和楽器のコラボで、以前「平城山」や「荒城の月」のほか、シューベルトの「夜と夢」なども歌った事がありますが、絃の響きと調和するには、ピッチをとる事に細心の注意をはらい、きっちりと歌わなければならなかったのを記憶しています。 今回も、まさにそれ。 とても集中し、緊張しました。 最初のうちは、慎重になり過ぎて、声に伸びがなく、どうしても硬質な感じになってしまい・・・中々、慣れない感じがありました。 合唱の皆さんは、相変わらずの素晴らしい息の流れで伸び伸び・・・流石です。 それを聴いて、自分も段々ほぐされていった気がします。

 

さてさて、指揮の鈴木優先生、合唱団、私は『五線譜』を見ての演奏・・・打ち物(打楽器)の方もそうなのかな・・・? そして、笙、尺八、胡弓、箏、十七絃はと言うと・・・当然ながら『縦譜』を見ての演奏です。 う~む・・・これをまとめていく鈴木先生も大変だ!!

DSC_0135.jpg

画像は、宮城道雄作曲:交声曲「日蓮」、縦譜と五線譜の、ともに冒頭部分・・・何処が、どう一致しているのでしょう・・・?? 自分には、まったくもってチンプンカンプンの世界。(苦笑)

 

な、な、なんと!!・・・笙、尺八には、あの著名な尺八演奏家の藤原道山さん。 ご一緒させて頂くこと、光栄であります。

 

来る、4/22(日)潮音会50周年記念演奏会(牛久市中央生涯学習センター文化ホール)へ是非お越しください!

 

 

 




2012年3月11日 23:41


ホワイトデーコンサート×2。

ホワイトデーコンサート in Salonfelice・・・2回公演、盛会のうちに終了!! いやはや・・・疲れました・・・2回公演。 これまで何度とSalonfeliceのコンサートに出演してきましたが、今回、行くべきスタイルが見えて来た気がします。 客席に近いこの空間で、随分鍛えられてきた気がします。 集中、脱力の仕方・・・お客様への伝え方、ペース配分・・・などなど、学んだ事は数知れず。 お客様と共に祈りを捧げるつもりで歌ったのに、自分が感極まり、歌えなくなるんじゃないかと思ったこともあったり。 何はともあれ、貴重な経験の場になりつつあります。

2773.jpg

「オペラ座の怪人」ハイライト・・・段々と、ファントム化、増してます。(自覚アリ)

 

2761_s.jpg 2760_s.jpg

それぞれの持ち味をバランス良く出せるようになったかも・・・。

 

2954.jpg

終演後、収益金を義援金として東日本大震災の被災者の方々に寄付しました。 瀧田さん(Sop)、宮崎さん(Pf)とともに。 くしくもこの日記を書いているのは3月11日・・・あの震災からちょうど一年。 多くの事に思いを馳せて、また明日から平和な日の為に一生懸命歩いて行こう、と思うのでありました。 

 

充実の思いで終えられた今回の公演・・・このあと打ち上げで壊れました。(汗) 詳しくはコチラのページで。(苦笑) いらして頂いたお客様、本当に有難うございました!

 

 

 




2012年3月 5日 23:00


素敵な出会いと空間、時間。

埼玉、南与野の「カフェ・ラルゴ」にてのサロンコンサートに出演してきました。 ピアニスト2名、サックス1名、歌い手2名によるジョイントコンサートだったのだが、このところ何かと色々な企画でお世話になっている竹井さんの声掛けで集まったメンバー。 竹井さん以外のメンバーは当日に「初めまして&宜しく~」状態。(笑) 最初は皆がつつましやか(?)に語り、サクサクとリハーサルが進行。 しかし・・・会話が進むと・・・段々、皆の本性が垣間見え・・・そのうちに、ハナシが弾む!弾む! 本番前には、妙な連帯感が出来たのでした。 そして開演・・・またまた客席は満杯。(このところ本番は客席がギッシリ続き!) カフェ・ラルゴさんは、お洒落で佇まいなだけでなく、音場としてもかなりの良い空間・・・お客様がいっぱいでも、隅々まで深く音が響いていきます。 とても気持ち良く、伸び伸び歌えた気がします。 またお客様がジッと耳を傾けてくれて・・・演奏側とお客様とで結びついたように感じ、充たされた思いでした。 

2012-03-04 15.35.11.jpg

共演の5人で、終演後の記念撮影。 このあと打ち上げにて更に盛り上がりまくり。(笑)

 

 

 



バックナンバー

坂本貴輝 teruccio