気ままコラム





2012年5月21日 22:21


金環日食。

世紀の天体ショー『金環日食』・・・皆さんはどうご覧になったでしょうか? 私は、結構早いうちから興味があり、観察用グラスや解説の本なども早々に購入。 太陽の見える位置も、数日前、当日の時間帯に起きて、チェックしました。 あとは天気の心配のみ・・・1週間前の、週間天気予報では「5/21(月)はギリギリ晴れ、もしかすると崩れるのが早いと、雲が多くなってしまうかも」との事でしたが、やはり今日は微妙な天気でしたね。 でも、その厚い雲のおかげか、日食の様子を、カメラにおさめることが出来ました!

 

7:30ちょっと前、もう少しで月が太陽の中に入ります。

DSC_0167.jpg

 

 

そして7:30をまわり、月は完璧に太陽の中に。 地上の景色も何だか薄暗かったです。

DSC_0194.jpg

 

結構、この状態を長く見ることが出来ました。

DSC_0178.jpg

 

そして、月が出ていきます。

DSC_0208.jpg

DSC_0214.jpg

 

雲間が晴れると観察用グラス、曇ったらカメラを構えて...慌ただしい観察タイムでした。

 

このあと、満足な気分で、電車に乗り、仕事へ。(笑)

 

 

 

皆既日食も見てみたいなぁ・・・きっともっとミステリアスなんだろうなぁ。

 

現代では、日食も、この地球上の何処かしら観測出来る場所や時期の予知も当たり前に可能となった。 それに合わせて、世界の旅がてら、ぜひ観に行ってみたい。

 


 


 




2012年5月14日 23:58


またまた打合せ。

先日、7/28開催の「テノール3人ライヴ」打合せについて書きましたが、今度は、またまたSalonfelice9月ライヴの打合せです。 サロンのオーナー、瀧田先輩も最近ヤル気満々です!! これって、私達の師匠、牧川先生の影響もアリ?! 自分も、様々な言語、ジャンルの曲にどんどん取り組めて、多少忙しくも感じながらも、学生時代に沢山の曲を見ていた時のような、新鮮な気持ちで練習出来ています。

 

夏の企画が、 暑苦しい テノールの饗宴だから、9月は、少しシットリいくかなぁ・・・とか、新しい重唱もやってみよう!・・・などなど、二人して、超・前向き。 こんな打合せは楽しいものです。

 

・・・で。

 

またまた、打合せ後は、会食。 瀧田さんオススメのお店が、定休日だったり、パーティーで貸切だったり・・・結局、15分ほど散歩の後、もう空腹で「この店でイイっか」と、ふと見つけた中華料理店に、冒険的に入りました。(笑) 空腹&調子に乗って、沢山、注文してしまいました。

DSC_0165.jpg

しかーしっ!! どれもウマイ。 話も、学生時代の話題から、コンサートの企画についてとか、発声談義などなど多くにおよび、アルコールも進んでしまいました・・・あ、酒が進んでしまったのはオレだけです。 瀧田さんは1杯。 値段も手ごろで、しかも美味い・・・今度の打ち上げはココに決まりかっ?!

 

3010.jpg 9月のSalonnfeliceも頑張ります♪

 

 

 

あ。
6/9(土)は、瀧田さんのソロコンサートです! こちらも是非お楽しみに!

2995.jpg

 

 

 

 

 




2012年5月11日 22:44


仕事帰りに。

仕事の帰りに、母の日の贈り物を買いに、某百貨店なぞに寄ってみました。 最近は、インターネットで、目的のものを、絞って検索し、買ったりしてます。 でも、やはり目で見て、手に取ってみる買い物がイイですね。 随分時間をかけて見てまわったのですが、結局は、一番最初に目に留まった、夏に気軽に羽織れるシャツブラウス風のチュニックを買いました。 自然な風合い、明るく健康的な色使いが秀逸。 使い勝手も抜群かと。 気に入って貰えると良いのですが・・・。 日曜に宅配便が間に合う、と言うことで、ホッ。

 

その後、この「teruccio.com」デザインの打合せへ・・・スマホ対応にして頂くか、このままで行くか、色合いはどうか・・・などなど、管理してくださっているクロスバリューさんには、ホント、お世話になっています。 近日中に、ちょこっとテコ入れして頂く予定です!

 

ふぅ・・・初夏の爽やかな日に充実の時間を過ごしました。

 

 

 




2012年5月 6日 23:26


テノール3人ライヴ(?!)打合せ。

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の本番も無事終了...このGWは、これに時間を割いたので、今日のみ、自分のGW休み・・・よっしゃーっ!!


・・・と、いきたかったのですが、今日は、7月に予定の公演の打合せ。


私の師、牧川修一先生、後輩の櫻井淳さん、私、坂本貴輝・・・3人のテノールで、ライヴ・・・じゃなかったコンサートを行います! きっと梅雨も明けているだろう、夏の真っ盛りに、テノールの 暑苦しい ・・・熱い饗宴です!! 会場は、お馴染みのSalonfelice。 もう、すっかりここはライヴ活動(?!)の拠点と化しています。 演奏も熱くなりそうですが、今日の話し合いからヒートアップ!! 普段から多少テンション低めの私は、そのペースに圧倒されました。 二人から出遅れてます。 いやはやそれにしても・・・師匠が一番ノリノリ(笑)・・・桐朋時代からお世話になっていますが、昔と変わらず、いつまでも「熱い」です!! 先生が突っ走っているから、私達、弟子も必死になれるんですよね。 有り難いことです。

 

14:00から始まった打合せ・・・結局、あっと言う間に夕方になり、何故か・・・自然な成り行きで、宴会へ。(苦笑) 公演の成功に向けて「カンパ~イ♪」

2983.jpg

んー・・・実は、昨夜、かなりの深酒・・・やっと冷めてきたのに、この展開って一体・・・。 しかし、普段からお世話になっている、師匠、瀧田先輩夫妻、櫻井君が呑むのに、自分だけが呑まないワケにはいきません。(←変な理由)結局、沢山頂いてしまいました。 ああ・・・明日からちゃんとしよう。


瀧田先輩に沢山ご馳走になったしまいました・・・散々、飲み食いし、騒いだあと・・・帰り際、玄関にて、「エイエイオー」状態。(ただの酔っ払い集団とも言う) 詳しいリポートは、ピンポ~ンこと、瀧田さんのブログをご覧ください。

2987.jpg


来たる、28(土)14:0017:00(2回公演)

Salonfelice
「プレミアム コンサート」
~真夏に贈る、熱きテノール達の歌声!!

 

乞う、ご期待!!

(詳しくは後日、インフォメーション等にもアップします)

 

 

 




2012年5月 5日 23:06


「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」其の弐。

『LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 2012』への出演、第2弾!! 国際フォーラム・展示ホールキオスクコンサートに出演してきました!! 

 

120505_0953~02.jpg

 

先日の丸ビル・MARCUBEより、ずっと広い会場・・・緊張です。 この日、最初のプログラム、開演時刻10:30~にも関わらず、客席はいっぱい・・・本当に熱心なお客様ばかりで、驚きです!!

DSC_0153.jpg lfj tenji 00.jpg

今日も、先日ご一緒した黒岩悠さんとの共演です。 研ぎ澄まされた音への集中力・・・本当に「聴く」空気を作るのが上手!!  

 

lfj tenji 03.jpg

気合を入れて、歌いました!!

 

lfj tenji 06.jpg

温かい拍手を頂いて、無事、終了。 いつも怖いくらい(...ごめんなさい!)真剣な表情でピアノを弾かれている黒岩さんも、終わってニッコリ。 満足の笑みでしょうか。

 

演奏後、ステージわきに、お話に駆け付けてくださった男性・・・あれれ?! もしかして?! かれこれ10数年前、都内の音楽教室での生徒さん!! このWEBで見て、来てくださったのでした!! 懐かしいやら、嬉しいやら・・・こうして歌い続けてきて良かったです。

 

lfj tenji 08.JPG

な、な、なんと!! 華道家の假屋崎省吾さんが聴いてくださいました。 終演後、ロビーにて記念撮影をお願いしました。 毎年「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」には沢山のプログラムに足を運ぶそうです。 ご自身も趣味でかなりピアノをお弾きになりますし、深く音楽の知識もお持ちです。 今回のロシア音楽の事も大変お詳しく、ビックリしました。 

 

 

今回、LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 2012(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン)に出演して驚いたのは、有料、無料に関わらず、どの会場にもお客様が沢山いらっしゃったということ。 ただのイベントではない、しっかり根付いている感がありました。 無料のコンサートであっても、足を留め、熱心に聴いてくださるお客様・・・演奏家冥利に尽きます。 来年のテーマはなんだろう? また出演出来たらイイなぁ~。


 

ホントに良い仕事でした。

 

 

 




2012年5月 1日 22:29


「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」其の壱。

毎年GWに開催している丸の内エリアの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のエリアコンサートに出演してきました! 会場は、JR東京駅前、丸ビル・MARCUBE! 客席もありますが、買い物をされる通りがかりのお客様にも、どう聴いて頂けるのか・・・不安もあり、期待もあり・・・。

120501_1300~01.jpg 120501_1352~01.jpg 2971.jpg

吹き抜けのかなり広いスペース・・・上から覗くと、ステージが小さく見えます。

 

今年は『ロシア』をがテーマ。 題して「ロシアの祭典」を意味する「サクル・リュス」です。 ロシアの作曲家も数多くいますが、私は今回、チャイコフスキーの歌曲、オペラアリアを選び歌唱しました!

 

伴奏は、現在ベルリンに在住でヨーロッパを中心に演奏活動をしていらっしゃる、黒岩悠さん。 縁あって、今回は彼から直に依頼があり、即、快諾させて頂きました。 彼のピアノは、そのお名前の通り(笑)、「悠々」とされていて、まさにロシアの大陸的な音楽にはピッタリです。 4月20日に帰国され、翌21日(牛久での本番「日蓮」の最終リハーサルの日!!)の午前中には、早速、伴奏合せをさせて頂きました。 互いに様子を見ながらの伴奏合せでしたが、これが最初から楽しく、濃い時間で、「これはイケるかも!?」と、ピンときました。 それから、短い準備期間の合間、沢山合わせて頂き、本番を迎えたワケです。

 

120501_1300~03.jpgのサムネール画像 リハーサルに臨む、黒岩さん。

 

さてさて、肝心の演奏ですが、最初に、黒岩さんのソロがあり、そこでお客様をガッチリ掴んでくださったおかげで、私の出番の時には、良い雰囲気の空気が・・・お客様もにこやか・・・そして、結構、人が集まっていました。吹き抜けの2階、3階・・・にも沢山の方が。 一瞬、緊張しかけましたが、いざ伴奏が始まると、スッと自然に息が入り、歌い出すことが出来ました。 お客様の近くで歌う経験は、Salonfeliceのコンサートでも充分積みました。 この積み重ねが、まさに今回生きた気がします!! 客席側からの好意的な空気・・・これを感じました。 イイ空気だったと思います!! あれよあれよ、と言う間に、3曲を歌唱。 二人のステージ、無事に終える事が出来ました!

 

バッハ:
フランス序曲BWV.831より (ピアノソロ)

チャイコフスキー:
 「ただ一言に」
 「憧れを知る者のみが」

 『エフゲニー・オネーギン』より
  何処へ去ったのだわが青春の美しい日々よ

    pianoforte:黒岩 悠 / tenore:坂本 貴輝

 

2972.jpg

終演後、Salonfeliceでいつもお世話になっている、瀧田さんが「記念に!」と、撮ってくださいました。 本番が写真撮影禁止だったんですよね。(笑) 

 

日本では、「チャイコフスキー」と言うと、ついバレエ音楽や、協奏曲、交響曲などが多く取り上げられますが、ロシア人にとっては、何よりもまず『歌曲』らしいです。 以前も歌った事はありましたが、今回、じーっくり取り組んでみて、その美しさ、面白さを改めて知りました。 積極的にレパートリーに加えていきたい音楽です!

 

まずは「其の壱」が終了。 次は、5/5(土)10:30~、国際フォーラムB2、展示ホールキヨスクコンサートで、もう一度、同じプログラムを歌唱します! ・・・あ。 黒岩さんからメールが入りました・・・「ぶちかましましょう!」と。 

 

ぶちかましていきますよーっ!!

 

 

 

 



バックナンバー

坂本貴輝 teruccio