気ままコラム





2013年7月25日 23:58


キャスト メッセージ!!

連日「ホフマン」ネタ続きです。(笑)

今回の二期会創立60周年記念公演「ホフマン物語」では、広報として、各キャストのメッセージがYOUTUBEにアップされております。

 

私のメッセージはこちら ↓

http://youtu.be/FJ6tZtnwuQc

お暇な際にでも是非ご覧ください!

 

オーケストラ合せ、場当たり...と舞台も仕上げに入ってきました。舞台装置、美術、衣装...素晴らしいものです!公演の方も実際の眼で、耳で、是非感じて頂きたく存じます!!

チケットは各種プレイガイド、二期会チケットセンターでも取り扱っておりますが、このサイトからも気軽にお問い合わせ、ご注文ください。

 

 




2013年7月25日 23:49


舞台稽古&場当たり。

今日の「ホフマン」は、14:00~21:00で舞台稽古、そして、場当たり。午前中、大学の補講に行き、その後、劇場入りしました・・・今日も慌ただしくバタバタです。(苦笑)

 

本物の舞台セットにいよいよ立ちました・・・これが「凄い!!」の一言。画像でお見せできないのが残念です。ホントに凄い、舞台美術、装置、セット・・・

演出の粟國さんはじめスタッフから何度も話では聞いていたセットですが、足元要注意の作り。(苦笑)けれど、それだけに客席からはきっと、見応え、見映えする舞台なんですよね・・・オランピアの場面だけでも、3時間もの時間を割いて、舞台上での動線の確認、それから舞台装置の移動など、キャスト、合唱団、そしてそれを導く演出スタッフ・・・皆が真剣そのもので、一つ一つ確認していきました。

とにもかくにも「凄い」舞台美術。皆さんに是非、会場に足を運んで頂いて、観て頂きたいです!!

 

  あー。 でも、本番用の靴・・・とても疲れた。 変なところで踏ん張るのか、 脚が筋肉痛気味です。

 




2013年7月23日 22:39


オケ合せ。

天候が目まぐるしく変わり、中々、忙しさと相まって身体にも堪えます。夕方の雷雨・・・凄かったなぁ。

 

「ホフマン」・・・一昨日、昨日と稽古場での通し稽古も終了し、今日から新国立劇場入り。まずはオーケストラ合せです。稽古場での大藤先生のピアノ伴奏もとても素敵で歌い易いのですが、やはりオーケストラと合わせると・・・空気感が違います。空間が多彩な響きで満ちて、何とも心地イイ。楽しいです!!ここからいよいよ本番に向けて仕上げ段階。一日一日、味わうように気持ちを持って行きたいと思います。

 

 

 




2013年7月13日 23:57


水曜会定期演奏会。

混声合唱団「水曜会」の定期演奏会に賛助出演して参りました。日本歌曲の巨匠、大中恩先生の作品を主に演奏している合唱団・・・噂ではうっすら知っていたのですが、まさにこの団だったのです。私はシューベルトのミサのソロに出演でしたが、そのほかのプログラムは大中先生の作品。言葉を大切に、そしてメッセージ性の高い歌唱に感動しました。やはり歌詞をしっかり伝えられる、って素晴らしいです。

  DSC_1637.jpg

ソリストでご一緒した、石井恵子さん、小島聖史さんと。

咳と、喉の不調が暫く続いていた自分・・・出来は・・・「ζ●※⌒☆〝ゝ」・・・厳しい評価を自身に下したいと思います・・・。様々な稽古、学校関係の期末の「忙しさ」の所為にしてはいけないですね。

「ホフマン」は衣装も到着・・・明後日あたり衣装合わせでしょうか・・・着々と本番に向かってます。

 

 




2013年7月 8日 22:27


指揮者、来日!

「ホフマン」の棒を振る、ミシェル・プラッソン氏が来日し、本日稽古場にいらっしゃいました!・・・と言うわけで指揮者稽古でした。世界の巨匠・・・どんな音楽を操るのだろう・・・ドキドキ、ワクワク・・・と、同時に、すっげー緊張です!!チラシには・・・「流麗かつ優美な魅惑の音楽 ― 」とあるのですが、まさに「それ」!!流れがとにかく美しいのです。そして言葉にも深くアドヴァイスが・・・仏蘭西語は中々難しいのですが、やはりマエストロにとっては母国語・・・マエストロが何度も文章として読み、キャストもそれに続いて・・・細かく何度も反復する稽古が続きました。大変さは感じますが、またまた気分上昇!!ヤル気倍増です。ああ・・・良いものが聴けて本当に嬉しい限り。

 

 

 




2013年7月 1日 23:46


「ホフマン」演出コンセプト。

本日、演出家の粟國淳さんがいよいよ稽古場入りされました。今回の演出についてのコンセプトを熱く語ってくださり、キャスト一同「おおぉー」と納得。舞台の模型や、衣装デザインなども見て、ワクワクしてきました。連日の稽古場通いは大変ですが、何かこう、目標に向かっていく喜び、積み上げていく楽しみがあります。

 

ガンバルゾ。



バックナンバー

坂本貴輝 teruccio